三重県津市香良洲町 行政書士小野和男事務所

建設業許可   経営事項審査

  • HOME »
  • 建設業許可   経営事項審査

 建設業許可》

建設業許可を取得しましょう
建設業許可が必要ですか
・建設業法によると「建設工事の完成を請け負うには原則として建設業法による許可を受けなければなりません。」とあります。
許可を受ける必要があるのは元請事業者および下請事業者です。ただし「軽微な建設工事」を請負う場合は建設業の許可を受けていなくてもできます。
・軽微な建設工事は建設業許可なしに業をおこなえますが、それ以上の規模の工事を業として行うには建設業許可を受ける必要があります。
☞ 軽微な建設業とは

◇建設業許可の業種区分
・建設業許可では建設業は「土木一式工事」「建築一式工事」という2種の一式工事(工事全体を包括的に管理監督する立場の元請)と別途27種の専門工事(専門範囲の工事を行う)に区分されています。
 建設業許可申請29業種
・建設業許可申請は、29の工事別に申請しますが、複数の工事を一括しての申請もできます。むしろそのケースが多くあります。
取得されている資格により、複数の許可を受けられる工事が違います。複数受けられる場合は複数を申請された方が有利でしょう。
どのような工事を行いたいのか、そのためにはどのような資格を取得したらよいのか。その資格はいくつの業種を包含しているのか。をご留意される事が重要でしょう☞資格の一覧表(県の手引き)

◇建設業許可の申請方法
・建設業許可は大臣許可と知事許可に分かれており、複数の都道府県に営業所を設ける場合は大臣許可となります。(1県内だけであれば知事許可)
・許可を受けるためには、大臣ないしは知事に許可申請を行います。(許可の窓口は三重県の場合、各地域の建設事務所)
☞ 建設業許可申請方法のページ

◇建設業許可の申請書類の作成
・建設業許可申請書類は申請書類と証明書類、および提示書類などですが、その内容は(県の手引き)に詳細に記載されております。
その内容は多岐にわたっており、ご自身で作成し申請されるとなると相当な時間と労力を必要とされるでしょう。
行政書士に依頼されることをおすすめします。

◇建設業許可に必要な要件は整っていますか
・建設業許可申請を行うには、要件が整っている必要があります。☞建設業許可の要件
この中では経営管理責任者の有無が関門のケースが多いようです。

当事務所では建設業許可申請の手続き代行をさせていただきます。
三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。

◇お問い合わせ(小野和男)
☞ 電話090-5872-0705 、 ☞ メール

◇代行内容
①建設業許可申請書類の作成
②申請に必要な各種書面の作成支援
③登記をされていない証明書等、証明書類の取得
④申請書類の提出・補正・許可書の受領等

◇代行費用(当事務所の料金)
①☞新規許可申請 
②☞更新許可申請・変更許可申請
③☞毎年の決算変更届出


《経営事項審査(経審)

◇経営事項審査(経審)とは
公共工事を受注するには経営事項審査を事前に受けている事が必要です
・設業法第27 条の23 第1 項の規定により、「公共性のある施設又は工作物に関する建設工事」を発注者から直接請け負おうとする建設業者は、経営事項審査を受けていることが義務付けられています。

・この経営事項審査の義務付けの対象となる「公共性のある施設又は工作物に関する建設工事」の範囲は、建設業法施行令第27 条の13 に定められており、国、地方公共団体等が発注者である施設又は工作物に関する建設工事です。
・御社が公共工事の受注をしたいのであれば経審を申請する必要があります。
☞ 経営事項審査申請のページ

・公共工事でも、軽微な建設工事(建築一式工事は、1,500 万円未満、その他の建設工事は500 万円未満)や、物理的・経済的に影響の大きい災害等により必要を生じた応急の建設工事については、義務付け対象外(経営事項審査を受けていなくても工事ができる)とされています。
なお、通常の災害復旧工事は、義務付けの対象となります。この「経営事項審査」は建設業許可を受けている事業者が、別途申請して受審する事になります。
 経営事項審査申請のページ、 お客様の声

お電話でのお問い合わせ
 電話090-5872-0705
メールでのお問い合わせ
 メール(無料質問可)
当事務所の料金
☞ 経営事項審査(経審)



 


 

PAGETOP
Copyright © 行政書士 小野和男事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.