三重県津市香良洲町 行政書士小野和男事務所

業務(食品関係・ハサップ)

  • HOME »
  • 業務(食品関係・ハサップ)

◇当事務所では飲食店営業許可申請の手続き代行(保健所提出)をさせていただきます。

代行内容
①飲食店営業許可申請書の作成および提出(補正等を含む。図面等は別途)受領
②「営業設備の平面図」と「調理場の平面図」の作成(店舗での寸法計測を含む)

代行費用(当事務所の料金)
①保健所提出書面作成および提出補正等は2万円(消費税別途)
②「営業設備の平面図」と「調理場の平面図」作成3万円
(現地計測費用+平面図2種作成費用。消費税別途)
※ただし店舗面積200㎡、当事務所から25キロ程度で行ける場所とさせていただきます。

依頼するメリット
①当方が申請書類作成および官公庁に出向き申請をさせていただきますので、お客さまが出向く必要が無くなります。
お客様にとっては大幅な負担軽減になります。
②ご連絡をいただきましたら、お客様のところへおうかがいさせていただきます。休日でも可能ですからご遠慮なくお申し付けください。
③ご自身で慣れない申請作業を行う場合の手間暇、心労、時間を考えると、代行依頼した方がお得なのではないでしょうか。

・三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。当事務所では許認可申請業務を行っています。お気軽にご相談下さい。
☞ お問い合わせ(無料相談可) ℡090-5872-0705

◇食品衛生HACCP(ハサップ)
・ハサップ
というのは「食品の危害要因を除去する工程を管理し記録する」制度といえます。

近い将来、食品関連の営業許可申請の際にはHACCP(ハサップ)関係の書類が必要になるらしいのです。
(ハサップ制度の導入が必要という事です)。

・現時点では許認可申請時のハサップ書類とか書式も決まっていませんが、HACCP(ハサップ)制度自体には例示的な書面の見本は作成されています。
ただそれをそっくり当てはめればすむという事では無いように思います。

といいますのは食品の仕入、加工、調理、保存等の状況は事業所毎に異なると思います。
だから「食品の危害要因を除去する工程」は事業所毎に異なり、管理し記録する用紙の書式も事業所毎に異なって
くるのが自然です。事業所毎にオリジナルな内容になるから事業所で独自作成の必要があるのでしょう。

・私は行政書士ですから食品衛生には素人ですが、許認可申請書類の作成プロとして、HACCP(ハサップ)制度についての勉強に熱を入れています。
許認可申請について皆様のお役に立てれば幸いです。

・三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。当事務所では許認可申請業務を行っています。お気軽にご相談下さい。
☞ お問い合わせ(無料相談可) ℡090-5872-0705

PAGETOP
Copyright © 行政書士 小野和男事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.