三重県津市香良洲町 行政書士小野和男事務所

民泊(住宅宿泊事業法)

  • HOME »
  • 民泊(住宅宿泊事業法)

◇民泊(住宅宿泊事業法)

・2018年6月にスタートした新しい制度です。新たなビジネスチャンスととらえる方も多いでしょう。空き家対策にとお考えの方もみえるでしょう。  ☞ 民泊のビジネスモデル
三重県で民泊事業を開始したい方は最初に「三重県住宅宿泊事業の手引き」をお読みいただく事をお奨めします。
次に国の「住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)」も読む必要があります。こういった説明書に従って届出を行うのです。
その結果、受理されれば事業を開始できることになります。

・三重県では事前相談、届出にかかる提出書類の提出先は三重県庁健康福祉部食品安全課に行う事になります。
あなたの具体的な計画を提示して事前相談を受ければ、内容を確認のうえ、あなたの計画に対する「その後の手続」すなわち、消防署とか、環境行政、食品衛生行政などへの手続きについて教えていただけるでしょう。

・事前相談には民泊物件の周辺図とか物件の平面図などを持参されるのが重要でしょう。
立地に対する制約がありますから。
平面図も重要だと思います。面積の算出が重要だからです。面積には3種類あり。各々に算出上の細かな規定があります。
面積により、対象物件の設備にも影響します。 
☞ 民泊届出にかかる3つの面積とは

・一般的に許認可申請は、書類を整えて一気に提出する事も出来ますが、不備があれば再度行く事になりますから、何回か行く覚悟をしていた方が気持ちが落ち着くでしょう。

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
当事務所では民泊届出に係る業務(平面図等の作成、消防法令適合通知書申請、環境行政の特定施設設置届出等々)を行います。

届出の際の提出証明書の取得(民泊物件の登記事項証明書、事業主にかかる身分証明書(市町)、登記されていない事の証明書(法務局)等々)も行います。
お気軽にご相談ください。
 ☞ 民泊物件の平面図
・届け出のためにご本人さんが県庁の窓口に出向く手間暇も省略できるメリットもあります。書類作成、証明書類の取得、図面作成の手間暇も大幅に節減できるメリットは大きいと思います。(手続きの煩雑さが減少するでしょう)
 

※ 当事務所の料金:①平面図の作成と3種類の面積計算(現地での計測含む)
35000円~50000円

          ②書類作成、証明書類の取得、三重県庁健康福祉部食品安全課への提出
20000円~50000円

          ※①と②は単独のみでも承ります。 

お電話でのお問い合わせ
☞ 電話090-5872-0705
メールでのお問い合わせ
☞ メール(無料質問可)

PAGETOP
Copyright © 行政書士 小野和男事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.