決算変更届出、経営事項審査(経審)の手続きを代行いたします

経営事項審査

公共工事を元請として受注するには、事前に「経営事項審査(経審)を受けることが義務付けられています。
ただし、経審を受けるにはそれ以前に建設業許可を受けている必要があり、建設業許可を受けている業種について経審を受けることができます。

◇経審を受けるには

・経審については、県が手引き(説明書)を作成していますので手引きを読んでいただければ概ねわかると思います(結構内容にボリュームがありますが)。手引きにしたがって「提出書類」を作成し、「持参書類」を整え、経審を受審する日を県の建設事務所に予約して、当日書類一式を持参して経審を受審します。

・ここで注意を要するのは、建設業許可を受けていても「決算変更届出」を毎年期日までに提出していないと書類が整いませんから経審は受けられません。くわえて「決算変更届出」の結果を踏まえて経営状況分析機関に「分析」をしてもらい、分析結果を取得している必要もあります。

・わかりやすく時系列に並べると、
毎期会計期間終了後2ヶ月以内に①法人税の税務申告がなされ、
この申告結果の財務諸表を踏まえて、②建設業許可の決算変更届出を税務申告の翌月に行う。
さらに③経営状況分析機関に分析依頼を行い分析結果を取得する。
最期に④経審を決算変更届出の翌月に行う

というのが基本的な時期の目安となります。

・だから「経審」だけが単独で存在しているというより、あくまでも階段を上るように一連の流れの中で順を追って進めて行く作業の一部と言えるでしょう。
(この流れ全体を経審と称する人もいますが)
・さらに経審にはいくつもの審査項目がありますから、クリアしておくべき事柄もいくつもあるという事になります。
したがって、経審を受けるには早くから準備に取り掛かる必要があると言えると思います。

◇決算変更届出から経審への一連の作業は行政書士に依頼して代行してもらう事ができます。そうすれば慣れない事に取り組む心労と時間が大幅に軽減できます。経審を考えてみえる場合はぜひ当事務所にご相談下さい。

依頼するメリット

  1. 当方が申請書類作成および官公庁に出向き申請をさせていただきますので、お客さまが出向く必要が無くなります。お客様にとっては大幅な負担軽減になります。
  2. ご連絡をいただきましたら、お客様のところへおうかがいさせていただきます。休日でも可能ですからご遠慮なくお申し付けください。
  3. ご自身で慣れない申請作業を行う場合の手間暇、心労、時間を考えると、代行依頼した方がお得なのではないでしょうか。

代行費用(当事務所の料金)

決算変更届出手続 から 経審手続 にかかる一連のご依頼

※別々にご依頼をいただくより11,000円割安です。

70,000円
(参考:決算変更届出手続のみの料金) (28,000円)
(参考:経審手続きのみの料金) (53,000円)

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。