当事務所では古物商の許可申請に関する代理申請業務を行っています。お気軽にお電話ください。

古物商許可申請

古物商とは
・環境重視社会、ネット社会などになり中古品を気楽に売買する社会情勢になってきたかと思います。趣味の世界から本業へと事業化される方もあるかと思います。

中古品を買い取り、商品として販売ををする営業は古物営業になります(1号営業)。
インターネットオークション業者も古物営業です(3号営業)

古物とは中古品の事です。営業には「古物商許可」が必要になります。

古物商には「古物買取の際の相手方確認義務、所定様式の帳簿を備え付けて記入する義務」があります。警察が盗品等の迅速な発見に必要な場合、古物商に被害品の有無の確認、届出を求めてきます。

申請方法

古物商許可を取得するためには「管轄の警察署生活安全課」に古物商許可申請書を提出して申請します。
申請用紙は県警のホームページ上からダウンロードできます。
記載方法も見本が掲載されておりますから、ご自身で申請書類を作成する事も可能でしょう。ただし三重県独自のローカルルールがありますから三重県で開業したい方は三重県の手引きを見て準備する必要があります。

申請書一式を作成して、「身分証明書」とか「登記のないことの証明書」の添付種類も準備して、上記の申請窓口に提出する事になります。
担当者が不在の時もありますから事前に電話で予約して行かれるとよいでしょう。

許認可申請に馴れていないと戸惑う事も多いものです。「登記のないことの証明書」等聞いた事のない書面も準備する必要があるのです。発行してもらうためには平日に該当する官公庁の窓口(県庁所在地の法務局)に出向く必要があります。(遠方は郵送請求可)

日数と時間を要します。加えて役員全員の証明書類を揃える必要があり大変です。専門家の行政書士に依頼する事が賢明でしょう。当事務所が代行します。

当事務所が代行する内容

  1. 申請書類の作成
  2. 申請に必要な証明書類の代理取得
  3. 代理申請

※当事務所が申請書類の作成と提出証明書の取得、申請窓口の警察署に出向き代理申請を行います。
お客様にとっては煩雑な申請業務から解放され、心労もなく、時間の節約にもなります。
メリットは大きいと思います。

代行費用(当事務所の料金)

請書類の作成および提出・打合せ・受領等 25,000円
証明書類の取得(申請者・役員・管理者等の人数によります) 2人まで 5,000円
3人~5人 10,000円
6人以上は
1人につき3,000円+10000円

※1申請当たりの料金の目安です。
※消費税及び実費は別途いただきます。

その他(管理者)

古物営業の店舗には「管理者」を置く必要があります。管理者は店舗数だけの人数が必要です。なにせ専任ですから複数の店舗を掛け持ちはできません。

ただし1店だけの場合は経営者が管理者を兼務する事も可能です。管理者も申請書に記入して申請しますから、身分申請書等の証明書類が必要になります。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
古物商許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。
お問い合わせ
☞ 電話090-5872-0705  ☞ メールによるお問い合わせ