農地転用申請(住宅等建築)の申請代行業務を行っています

農地転用許可申請(住宅等建築)

自分の所有地に子供のための住宅(通称:分家住宅)を建築したいと思っても、必ずしも建築できるわけではありません。土地には土地計画法とか農地法などで規制がかかっている事があるからです。特に農地の場合は、登記簿上の地目を宅地化するには農地法による農地転用の許可申請を行い許可を受ける必要があります。

  • 農地転用の許可が得られれば、その段階で建築業者は建築工事が開始できます。
  • 建築後に、地目変更登記、建物の表示登記、所有権保存登記の順で登記を行う事になります。
  • 農地転用許可申請を行うには、必要に応じ開発許可の申請とか建築図面、資金調達書類、自治会長・水利組合長の意見書なども添付する必要があります。そのほか、取水排水、近隣説明とか諸々の事柄がかかわってきます。

ご注意ください

住宅建築面積に対し農地の面積が広大な場合は、住宅の面積に適した面積部分しか農地転用ができません。(建ぺい率といいます。)このため事前に農地を複数に分筆して、農地転用する部分と農地のままで残す部分に分けます。この場合、道路に接した部分を宅地にして後方を農地のままで残したいと思うでしょう。でも後方の農地に入るための導入路を農地として確保する必要もあります。したがって、分筆する際には住宅の位置、宅地の形状を十分に検討して図面を作成しておくことも重要です。

農地転用許可の申請書類の作成提出

  • 農地転用許可の申請窓口は市役所、役場内の農業委員会事務局です。
  • 申請にかかる書面は多岐にわたっており、ご自身で作成し申請されるとなると相当な時間と労力を必要とされるでしょう。行政書士に依頼されることをおすすめします。行政書士が書類作成も役所への提出、説明も行います。

当事務所が代行する内容

  1. 農地転用可否等の調査(市町村農業委員会窓口)
  2. 現地状況の確認および農業委員会での打合せ
  3. 農地法許可申請書類の作成および提出・補正・受領等
  4. 登記簿謄本等証明書類の取得
  5. 農業員による現地調査立合
  6. 土地家屋調査士、ハウスメーカー担当者との打合せ 他
  7. 地目変更登記については太陽光発電施設完成後、必要に応じ土地家屋調査士を紹介させていただきます。

依頼するメリット

  1. 当方が申請書類作成および官公庁に出向き申請をさせていただきますので、お客さまが出向く必要が無くなります。お客様にとっては大幅な負担軽減になります。
  2. ご連絡をいただきましたら、お客様のところへおうかがいさせていただきます。休日でも可能ですからご遠慮なくお申し付けください。
  3. ご自身で慣れない申請作業を行う場合の手間暇、心労、時間を考えると、代行依頼した方がお得なのではないでしょうか。

代行費用(当事務所の料金)

請書類の作成および提出・受領等(農業委員会、ハウスメーカー担当打合せ含) 60,000円~70,000円
証明書類の取得 3,000円(1役所ごと)
現地確認・現地調査立合い 10,000円

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。