HACCP(ハサップ)対応の食品製造業者になろう

食品製造業者の皆様はHACCP(ハサップ)という言葉を耳にされたことがあるかと思います。

HHACCP(ハサップ)とは食品(原材料)の仕入れおよび食品の製造加工工程における危害要因である「細菌・化学物質・異物等」をあらかじめ分析して、継続的に監視・記録する管理方法。といえます。

このHACCP(ハサップ)制度の管理方法で製造加工された食品でないと購入しませんよ。という時代が近づきつつあるようです。

小規模零細事業者の皆様は、HACCP(ハサップ)制度を勉強し、導入していかないと将来的には自社の製品を買ってもらえなくなるかもしれません。では、HACCP(ハサップ)を導入の入口はどうしたらよいのでしょうか。

三重県の場合、「三重県食品の自主衛生管理認定制度」というのがあります。この制度を申請し(保健所が窓口)、認定を受ける。というのが現実的であると考えます。この制度の後半の認定はHACCPを原則としているからです。

制度の詳しい内容は手引きをお読み下さい。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です