お客様は自分に都合よく考える?

お客様は自分に都合よく考える?
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

・正月前後に建設業許可関係のご質問が2件電話で来ました。
「ホームページを見ました。記載内容について質問させてください。」という事です。2件とも建設業許可関係です。
今回はこれまでとは若干雰囲気が異なった内容だったのでここで紹介させていただきます。

・通常、私のホームページを見て質問をいただく場合、業務の依頼に結び付く内容の質問が多いのです。 お客様は質問をして私の資質とか人間性を確認しているのかな? と推測していました。
ところが今回の2つのケースは、あきらかに違っていました。
すでにどこかの行政書士に依頼しているお客様が質問をしてこられた。と感じる内容です。
一応お答えさせていただいた後に、「これまでの業務を依頼してみえる行政書士さんはどのようにお答えでしたか?」と逆に質問を向けてみました。
「忙しい様で・・・」とのあいまいな返事です。
要するにご依頼をされたが、依頼内容に難色を示されたので別の行政書士である私に質問してこられたケースでしょう。 私にとっても困難に感じたケースでしたのでお断りさせていただきました。(元々許認可要件に達していないので申請しても却下されるケースでしょう)

・まあ、世の中は色々な事が有りますね。
許認可取得を考えるお客様は自己に都合よく物事を考えられる傾向にありますが、申請をしても却下されそうな案件を安易に受けると相互につらいですから、私としても「ダメなものはダメです」と言うのが親切という事でしょう。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。