サプライチェーンの毀損とは

◇サプライチェーンの毀損とは?

 ・行政書士業務で時折、商工業者の申し込む「持続化補助金」について、申込書の作成を依頼されたことがあります。

・最近では「持続化補助金コロナ特別対応型」という新型が登場しました。期間限定的だとは思いますが既存のものとは別枠で、締切日も別です。

・コロナ特別対応型は、持続化補助金で実施する取り組み内容が3区分に限定されています。
この中の一つに「サプライチェーンの毀損への対応」があります。

・ところでサプライチェーンとは何でしょうか。私は知りません。

調べてみると「供給連鎖」という日本語が見つかりましたが意味がよくわかりません。
さらに調べてみると、「商工業活動全般」の事を言っているのではないのか。と感じました。

という事はサプライチェーンの毀損への対応とは、「商工業活動の一部分が機能しなくなったので新たな仕組みを構築する」という意味ではないのでしょうか?
「新たな仕組みを構築するために持続化補助金を申し込むのだ」という姿勢でよいのでしょうか?

もっと調べてみると違うようです。「海外から部品や原材料が入らなくなった場合への対応」らしいのです。
私にはわかりませんので誰かご教示いただけると助かるのですが。

ちなみに、窓口の一つである全国商工会連合会の公募要領には次のように取組事例が記載されています。
◇【サプライチェーンの毀損への対応」の取組事例イメージ】
・外部からの部品調達が困難であるため、内製化するための設備投資
・製品の供給を継続するための投資
・コロナの影響により、生産体制を強化するための設備投資
・他社が営業停止になったことに伴い、新たな製品の生産要請に応えるための投資

・記載事例だけを読んで我が社も該当すると判断できても、サプライチェーンの毀損への対応の意味が解らないと不安ですよね。

・このような補助金制度はエリート官僚の人が発案するのだと思いますが、その方々の使用する言葉の一つがサプライチェーンなのでしょうか。
私の周囲では聞きなれない言葉で、私の浅はかな知識能力では理解のできない未知の世界です。

ところでITの専門家もIT用語を駆使されます。日本語で会話しているはずですが理解不能に陥ります。
ここも私の浅はかな知識能力では理解のできない未知の世界です。
これは私が高齢者で時代遅れだからでしょうか? 若者には通じるのでしょうか。

・世の中は少子高齢化社会で高齢者も労働力として活躍が要請される時代です。でも高齢者が理解できない言葉を使用している人たちは高齢者を軽視されているのでしょうか。時代の流れに反していませんか?
なんとなくそのように感じる今日この頃です。 ☞ 持続化補助金のページ

◇連絡先・お問い合せ ☞ 電話090-5872-0705,   メール
三重県津市の行政書士。松阪市との境目の香良洲町です。

 

 

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です