シニア起業者の欠点

わたくしもシニア創業者ですが、シニアはこれまでの人生経験も豊富で、職業上の地位とか立場も経験されていますから、プライドを持っており、上から目線で世間を見る傾向があるのではないでしょうか。自分では気がつかなくても体が覚えているのではないでしょうか。変身したくても容易ではない。これが実態ではないでしょうか。いわばシニアの欠点ですね。

ところで、創業に際し、シニアの長所である過去の人脈とか経験を財産として活用しよう。というご意見に遭遇します。この意見に私も賛成です。ただ、経験は身についたことですが、人脈はあてにできまないと思います。しょせん「職場と職責」という看板で形成された人脈ですから。本当の人脈と勘違いしないようにしたいものです。

ようは本当の人脈をどれだけ持っているか、そしてその人脈が機能するのか。という事ではないでしょうか。機能しなければ起業には役立ちません。お友達にはなりえても。

機能してもらえる。という事は、相手にとって私が役に立つ人間である。という事を理解していただけるか否かだと思います。だから役に立つ提案を提示できる事が重要だと思います。相手にとってのメリットを探し出す事が営業活動ではないかと考えます。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です