デジタル庁と電子申請

◇デジタル庁と電子申請

過去の文面を読み直していましたが、現在とは随分と実情が異なっている事を感じています。
なんとなく文書の書き直しを行ってみたくなりました。タイトルも文面も全面改訂です。これはこれで意味のあることでしょうか?
タイトルは「パソコン教室で起業」を「デジタル庁と電子申請」に変更しました。何でもアリです。

・当初の文書を書いた当時はパソコン教室全盛期末期だと記憶しています。今ではスマホ教室というチラシを見る事がありますが、パソコン教室のPRは減りましたね。
パソコン教室営業で起業した起業家の皆さんの今の現状はどうなのでしょうか。
スマホ教室に衣替えでしょうか。 そうすると初期の設備投資額は回収できたでしょうか。
元々I Tは日進月歩の激しい分野ですからそのあたりの資本投下については当初から織り込み済みだとは思いますが。

・本論に入ります。 国の行政は、デジタル庁を開業させて国を挙げてデジタル化に取り組むという事ですね。デジタルの意味するところは何なのでしょうか。興味と不気味さを感じます。 
少し前までは買い物時に日本人は現金で支払う事が話題になり、近隣諸国の電子決済普及が先進的という捉え方が連日聞こえていました。
私も現金支払い派でしたが、最近ではクレジットカードとプリペードカード兼用のカードで支払う事が多くなりました。 でも現金支払い支持派です。

・少し話を変えますが、私は行政書士という自営業者で、許認可業務を中心に据えた事業形態です。
許認可申請自体については以前から電子申請化の声が聞こえていましたがデジタル庁が出来れば電子申請化が一気に推進されるのでしょうか?
そうすると行政書士業務が激減するのでしょうか。行政書士が不要になってくるのでしょうか?

・もう何年も前に「イータックス」という税務申告の電子申請システムが出来ました。
私も1回だけイータックスによる所得税確定申告(電子申請)を行いましたが、以後は取りやめました。
今では国税庁のホームページのシステムで確定申告書・収支決算書を作成して紙で印刷、郵送提出です。

イータックスにより税理士が激減したという話は聞きません。この現象が行政書士にとって参考になるのでしょうか?
考えてみると、税理士は固定客、でも行政書士は一見客分野が多い。このあたりの差異が影響するのでしょうか?

・次に、お客様について考えてみると、税理士のお客様は固定客ですから確定申告に慣れているはずです。でも税理士に頼っています。

行政書士のお客様は一見客分野では、お客様も申請は未経験でしょうから電子申請のハードルは高いはずです。
建設業許可分野等の固定客分野はどうでしょうか? やはり行政書士に頼ってこられると思います。私は確信的にそう思えます。その理由は・・・・・・・・・だからです。
電子申請という掛け声だけに右往左往するのではなく、足場固めをしていく事が重要でしょう。

・いずれにしても遠い将来の事は予測がつきませんが、遠い将来であれば年齢的には廃業しているでしょう、私は。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です