ネットのお客様からは、電話で問い合わせが来てます

・先日ある行政書士のホームページを見ていました。その中に「ネットのお客様からは電話で連絡がきます。」という旨の記載がありました。続いて、問い合わせはメールでして欲しい旨の記載もありました。

要はメールで問い合わせがくれば準備万端で回答できるからありがたいが、突然の電話ではあれこれと調べる時間もなくうろたえてしまうという意味ですね。

・私の経験と全く同一です。私は携帯電話番号をホームページに記載しているので、所かまわず電話が鳴ります。大抵は外出中だったりして慌てます。
でも回数がそれほど多くないので今のところは許容範囲です。

・ところで「なぜメールではなく電話で問い合わせがくるのでしょうか。」私にとっては気がかりなところです。
私のネット集客のお客様は20台半ばから40台半ばの方で、多くが30代の方々です。私から見ればお若い方々ですが、それでもメールではなく電話で問い合わせが来ます。

お客様からくる電話での問い合わせの内容は、質問と確認ですね。お客様は質問と確認がしたいから電話をしてくるのだという事実はあります。
メールでも可能でしょう。でも電話ですね。メールと電話の違いは、会話ができる事でしょう。

メールだと知らない事でも充分に調べて回答が可能です。でも電話では調べる時間的余裕が無いので、知らないという事実がバレますね。
お客様はここに注目しているのでしょうか?

もう一つ考えられるのはお互いの相性ですね。 私も初めてのお客様には緊張します。
お客様も行政書士との相性は気になるところでしょう。電話で会話すれば声が聞けます。だからそれなりに人柄が察知できます。お金を払うのですから慎重になるのでしょう。

・それではメールでの問い合わせが無いのか。というとそうでもないのです。
ほんのわずかですがメールでも受注しています。 しかしメールの多くは問い合わせの場を利用した物の販売行為とか、私の取扱っていない業務に関する質問です。

取扱っていないのでホームページには載せていません。 でも質問が来ます。びっくりします。
このような場合、「取扱っていないので雑談として聞いてください」との注意書きを付して回答します。
もちろん業務委託にはつながりません。

世の中は色々な事がありますね。とにかく不思議なものです。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です