会社存続期間の定め

会社法471条には「株式会社は、次に掲げる事由によって解散する。 定款で定めた存続期間の満了」という条文があります。

これは会社の存続期間を定款に記載する事ができる。その期間を経過すれば会社は解散する事を意味しています。ただ、存続期間を定款に記載するケースは聞いた事がありませんでした。極めてまれです。なぜなら経営者は会社の永遠な存続と発展を願うからです。

私が前職の時にこの解散事例に遭遇して驚かされた経験があります。

概要を説明すると、ある会社が融資を申し込み、銀行の融資担当者が当該会社の定款を読んだところ、「設立から50年で解散する」との記載があり、その時点はまさに50年が満了する直前であった事が判明したのです。返済期間中に会社が解散するわけですから融資申し込みは当然に否決されました。

このケースでは現社長はそのような定款の記載を全く知らずにいたわけです。早速定款を変更して変更登記を行ったことを聞きました。もし存続期間を満了していたら会社は解散しているわけですから、解散の登記と清算人就任の登記をする事になります。そして新たな法人設立の手続きを踏まねばなりません。ところが今回は50年経過直前でしたからまだ会社は存続しています。だからすぐに会社継続の登記をしたのです。存続期間も廃止しました。この方が、新たな会社設立の登記よりは楽で費用もかかりませんから。

このケースで感じた事は、継続的な業種業態でなぜ存続期間の取り決めがあったのでしょうか。という事です。

多分、会社を設立した先代社長が、自分の死後に子孫に迷惑をかけないように会社の解散までも考えていた。という事でしょう。現実は先代の予想とは逆で、子孫に迷惑をかけた事になりますが。

事実は小説より奇なり。という諺がありますが、このケースも当てはまるような気がします。人生はどこで何と遭遇するかわかりませんが、心構えだけはしておかないと「幸運を見過ごし不運を抱え込む」ことになりかねません。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です