在宅勤務・テレワーク

◇在宅勤務・テレワーク
・現在、コロナウイルスという感染症拡大防止のため、人と人との接触を少なくする目的から「在宅勤務」が盛んに推奨されています。
職場でする仕事を自宅等で行うわけですが、通信手段を使用して業務を遂行するらしく、テレワークとも呼ばれているようです。
テレワークで業務遂行ができる人は事務職の一部に限られるように感じますが、現実はどのようなものでしょうか。

・ところで私のような自営業(行政書士)は在宅勤務業種なのだなと感じているわけですが、それでもお客様のところとか許認可窓口(官公庁)を訪問しますから在宅勤務以外の業務も多くなります。

・ところが100%在宅勤務でテレワークの仕事が入ってきました。
関東のとある県のお客様から電話で業務依頼がきました。「本人申請で建設業許可を申請するわけですが、青色申告決算書から建設業様式の貸借対照表と損益計算書が作成できない。難しい。作成してもらえないか。」というご依頼です。
さっそく資料をFAX送信で受け取り、パソコン使用のメール交信を2度ほど行い、ご依頼の商品が完成し、パソコンからメール送信で納品させていたきました。
100%在宅勤務でテレワークの仕事が完了しました。
・この手の仕事は過去に何件も業務依頼を受けており、無事に完了していますから真新しい事ではありませんが、このような時期だけにご披露させていただきました。

・ところで、行政書士ということで、許認可申請の代行を依頼されることが多いわけで、そうなると近隣市町村が商圏という形になりがちです。
でもホームページを立ち上げネット集客をしていますと、遠方(県外)からもご質問もいただきますから、遠方からの問い合わせに対しての商品準備を考える事になります。
このような事から「本人申請のケースにおける一部書類作成」を業務としております。

それはともかく、コロナウイルスの猛威が早く鎮静化して通常の社会生活、経済活動が再開される事を待ち望んでおります。

◇津市香良洲町にある行政書士事務所(行政書士小野和男)
☞ 電話090-5872-0705   ☞ メールによるお問い合わせ

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です