在庫が多くなるとなぜ苦しくなるのでしょうか

以前、経営コンサルタントの先生がある小売店の店舗診断に来て、「お宅は在庫が多すぎる、このままではいずれ資金が枯渇するでしょう。」と言われました。

なぜ在庫が多いと経営が苦しくなるのでしょうか。在庫が多いというのは、規模とか売上高に対し在庫が多すぎるという意味です。

本来、店舗は「どんどん売れてどんどん仕入れる」すなわち在庫商品の回転が多い方が売上高があがります。商品も新鮮なもので満たされます。業績も向上します。

ところが売れ残り品が出始めると、そのまま陳列スペースを占める事になります。その面積が増えてくると売れ筋商品の陳列スペースが圧迫されて減少してきます。

当然に売上金額の減少になり、顧客から見ても買いたい商品が少なく魅力の低い店になります。ただこれだけがマイナス要因ではありません。

売れない不良在庫にも仕入れ資金が投下されているわけですから、資金が眠っている事になります。そうすると手持ちの運転資金が減少してきます。だから借金をするなどの必要性にも陥ります。

在庫は多少損をしても早期に処分を試みる事業者がいますが、妥当な判断だと思います。もったいないからといって長期に寝かせても、骨董品としての価値は見込めないでしょうから処分したほうが賢明でしょう。

在庫処分と命名した値引きセールがおこなわれるのは、こういった理由からでしょう。

当事務所では自社を見つめなおし、業績を向上させていく手法の一つとして「知的資産経営報告書の作成」を提案しています。一度考えてみませんか。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です