持続化補助金

◇持続化補助金とは
小規模零細事業所が「販路開拓」に取り組むために利用できる補助金制度として「小規模事業者持続化補助金」があります。
使い勝手が良いためか、応募者が多くて(申請金額が多い)、予算オーバーで採択されないケースも数多くあるようです。

補助金は返還義務がありません

持続化補助金は国の小規模事業者対策の補助金です。地元の商工会議所とか商工会が申込窓口です。
経営面で販路開拓のために新たな取り組みを行う事業者に対する補助金で、必要額の3分の2を補助していただけます。補助金額の最大は50万円です。(必要額が120万円であれば3分の2は80万円ですが、上限の50万円の補助が受けられるという事になります)

補助金ですから返還する必要はありません。これは非常に魅力です。

この補助金制度には毎年3月から6月頃(決まっていない)の一定期間に希望者の募集が行われています。
使い勝手が良いためか応募者が多くて国の予算以上になっているようです。
したがって申請案件の内容が審査された上で、採否が決する事になります。採択されないケースも多々出てくるようです。 
要は実施する販路開拓事業の良し悪しが採否に直結するわけです。
申請書の書き方とか着眼点、表現力なども適切で説得力も必要でしょう。新規性が重視されます。
人と違った販路開拓方法を考えている経営者の方にとっては最適の補助金と言えるでしょう。

・販路開拓というのは結果であって、例えば「最新機器の導入により上得意様を増やす」という事であれば、最新機器の購入費の一部に補助金を使用する。という販路開拓事業計画です。

・要注意なのは、採択を意識するあまり、計画内容で背伸びすると後で苦労する可能性もあります。
☞ 実績報告の項をご覧ください。 

◇持続化補助金申請書の作成支援
・私もお客様のご依頼を受け持続化補助金の申請書作成を行いました。
幸いにも採択され、お客さまには喜んでいただきました。
申請でお困りの方はお電話くださればご相談させていただきます。
基本的には「申請書類作成料金」のみで成功報酬は求めません。
※もちろんお客様のアイデアは秘密厳守します。

☞ お問い合わせ・料金等のページ

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
持続化補助金申請にかかる業務についてはぜひご相談ください。

◇参考
☞ 販路開拓目的の補助金

☞ 持続化補助金の実績報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です