新元号

平成の時代も残り少なくなってきました。来年以降はどのような元号になるのでしょうか。

行政書士である私は、許認可関係の申請を行うわけですが、「許認可には有効期限がある。」というケースが多々あります。

たとえば先般のお役様の許可証には、「有効期間 平成30年9月29日から平成35年9月30日まで」と記載されていました。
平成35年は絶対にありえません。新元号に代わっているからです。でも現時点では新元号が発表されていませんから、平成を使用するのですね。

西暦を使用すれば問題はなくなりますが、西暦は使用されていません。私も昭和生まれの人間ですから西暦より元号に馴染みを感じています。元号が未定の期間は平成を使用し、新元号が決まれば新元号に読み替えるという意味ですね。役所は書面についてはお堅いところですが、合理的な側面も持ち合わせているのですね。

私は業務で使用する書式(委任状など)に平成の文字を記載していますので、パソコン内の書式から平成の文字を削除している最中です。多分、平成のままで使用すれば新元号に読み替えてくれないでしょうから。役所は堅いところですから。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です