残業、長時間労働

最近新聞で長時間労働の記事が目につきます。長時間労働の是正を内容とした記事です。

私事で恐縮ですが、私も社会人になった頃、名古屋の企業に勤務していました。そこでは朝9時から夜の11時ころまで働いていた日々が続きました。

入社して2カ月ほど経過した頃、上司が「バス通勤を社用車通勤に変えないか。今仕事で使用している社用車を通勤にも使えばよいのだから。」と言うのです。要は、社用車通勤にすれば深夜まで残業しても帰宅できるでしょ。という意味ですよね。

このころは、私も会社から貸し与えられたアパートに住んでおりましたが、単身ですから身の回りのことをする最低限の時間も必要なのです。なにせコンビニのなかった頃の時代ですから現代よりは不自由でした。しかも、私などは軟弱ですから気分転換の時間がないと精神的に嫌気がさしてきます。

結局、その会社は半年程度で退社しました。別の就職先を探しました。

若かったし、親も元気でしたから自由がききましたね。でも、世の中には自分の意志だけで退社できない人も多いと思います。家族を抱えるとそうなります。だから追い詰められて病気になられる方もみえるでしょう。

物事はほどほどが良いのでしょう。でも競争社会に身を置く人はそうもいってはいられません。会社自体も他社との競争ですから生きていくのは大変です。世の中は弱肉強食です。

私の場合は都会から田舎に戻り、職業人生を過ごしましたが、それでも色々な事を学ぶ事ができました。

苦しい職場からの駆け込み寺的な存在として、自営業という選択肢を考えてみませんか。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です