融資と借金

私は前職で長年事業融資にかかる申込書の作成を経験させていただきました。

経営者にとって資金繰りは非常に重要な問題です。資金の流れを見て、不足することが予想されれば早くから融資申込みの準備をされます。

一時的には借入をしても最終的には利益が出れば融資を受ける効果があります。融資にかかる弁済資金も捻出できます。

加えて、ビジネスチャンスが目前にあっても資金が無ければチャンスをつかめませんから、この場合にも融資を申し込むことになります。融資が有効に効果を発揮します。

これに対し借金という言葉は事業用以外の借入に使用される事が多いようです。

使用使途が生計費などの非生産的なものが多いようで、その後の弁済に苦労される事が予想されます。この意味からも借金には暗いイメージが付きまとうのではないのでしょうか。

両者ともに「金銭消費貸借」という言葉で表現されますが、融資と借金ではイメージが異なるように思えます。

ところで事業融資でも融資額がその事業者の身の丈を超えると重荷になります。しかも弁済の見込みの無い苦し紛れの融資申し込みの場合はなおさらです。

このような弁済計画のなり立たない申し込みを断るのも仕事の一部でしたが、心情的には断りづらい面もありました。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です