身の丈起業

身の丈という言葉がありますが、身の丈とは「自分の能力の範囲内」という事だと理解しています。身の丈起業とは自分の能力にみ合った起業をすることだ思います。起業を考える際には重要な言葉だと思います。起業と言えばベンチャー企業などともてはやす言葉もありますが、外部の言葉に踊らされるのではなく、自分自身を見つめて身の丈に合った事業活動をする堅実さが墓穴を掘らなくて良いのではないでしょうか。

起業間もない頃、マスコミに取りあげられて急に注目を浴びた店がありましたが、そこから1年も経過しないのに閉店されました。

これは事業基盤が固まらないうちに背伸びをさせられたため、事業資金とか労務管理の面で追いついていなかったのではないか、と、私は感じています。起業直後は業績が低迷していても、徐々に上昇してくる方が中身が追いついていますから体質は強く安定しているのだと思います。そのような店も知っています。

自信たっぷりに誇大妄想のような発言をされる方とか、カタカナ言葉を連発し、理解されにくい日本語を操るエリート風の経営者とかにも接する機会がありましたが、信用できないですね。廃業も早かったですね。

やはり身の丈起業の人が多くの人に信用されるのではないでしょうか。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です