過去を封印して心機一転

4月になり花見シーズンになりました。桜の開花が例年より遅いようです。これまで行った事のない桜並木はないものかと検索して探しております。無名の小規模な桜並木はたくさんあるようで、身近なところでも探せば発見できます。

ところで4月は新年度のスタートです。旧年度の事業実績をまとめ、決算を行い、新年度の事業計画を作り、予算案を作成する業務が待っています。会社、法人に関わらず、法人格のない各種団体でも同様の作業はされていると思います。その結果を総会で審議する。行政等に報告する。助成金のスポンサーに報告する。などの報告書作成業務もあります。そして春が終わり夏に向かって進んで行くのでした。

退職し、このような業務から開放された現在でも4月が来ると心機一転の気分になります。この気持ちをこれからも維持していきたいと思っています。心機一転すると緊張感も出ます。楽しい事、苦しい事をリセットする機会です。リセットするのは健全な精神を維持する上で重要な行為だと私は思っています。正月にも心機一転していますが、正月と4月では気分が異なります。正月はプライベート、4月はビジネスといった雰囲気です。私の場合は。

人間は生きていく以上、苦しい事、苦い思い出もあろうかと思います。年度更新を理由に過去を封印し、棚上げして気持ちをリセットされるのも一策かと思います。苦しさからの心機一転です。そのほうが自身の気力も増し、解決策になると思います。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です