サイトを分ける

サイトを分ける
・私は行政書士という自営業者ですから商工会の会員になっています。私の前職は商工会の職員でしたから立場を変えて商工会と縁を持っています。

・ところで商工会は全国組織ですが、会員各自が参加できるSHIFTというホームページがありした。
私もSHIFTの中の1ページをお借りして自身のホームページを開設していました。皆様が見ている現在のページではありません。別サイトです。

・ところが商工会組織はこのSHIFTホームページを廃止し、新たに「グーペ」というシステムを採用したホームページが開始されました。

・「グーペ」の方は商工会員各々が単独のページを作成するわけですから、SHIFTホームページ時代の間借状態から一戸建てに転居したようなものです。 発展的解消ですね。
でも私は自身のホームページ(ワードプレス)をすでに所有していますからグーペ移行は必要のない出来事でした。
というか迷惑な出来事でした。

・その意味は「SHIFTホームページは全国商工会連合会」ですから検索で上位表示されるというSEO効果を感じていました。 来訪者様をSHIFTホームページから私のホームページ(ワードプレス)に誘導するという営業作戦でした。

・ところが新たなグーペホームページでは外部リンクを行うと別料金が発生します。
それは無意味な支出ですから費用の節約を行うとすると営業作戦の変更を考える必要が生じます。
無い知恵を絞った結果、メインホームページ(ワードプレス)は私の中心業務3分野のPR集客用に限定。
その他のサブ業務分野はサブホームページ(グーペ)に移動させました。

いわば一軍と二軍のホームグラウンドを別々にしたのです。
お客さまから見ると「その分野で専門性の高い行政書士を望む」わけであり「何でも屋の行政書士は避ける」傾向があると考えられますので、ホームページを分ける事により、全体の専門性外見の底上げを考えたのです。
この考え方が良いのか悪いのかは判断できませんが、このようにせざるを得なかったのです。私の浅知恵では。

・ところで私のホームページ来訪者の皆様は、その多くがトップページから入っていただいておりません。
各々のページからご来訪いただいております。
という事は各々のページをその分野に限定した内容にすれば専門性を感じてもらえる気がします。
そしてそのページから直接私のところにご連絡いただければ目的達成です。

・物販のホームページは目的商品以外の「ついで買い」もあるでしょうが、行政書士業務には「ついで買い」は考えられません。 だからそのページに留まってもらう方が重要だと思いますね。

その意味ではトップページに入られた場合、検索目的以外の表示が目に入り、さようならの原因になりそうです。
だからわざわざサブホームページを持つ必要性がありませんが、サブの方は無料ですから維持させています。
今後どのように活用すれば有効性が高まるかが課題です。

 メインホームページトップへ    ☞ サブホームページトップへ

◇当事務所は三重県津市と松阪市の境界の香良洲町にあります(行政書士小野和男)
お問い合わせ
☞ 電話090-5872-0705  ☞ メールによるお問い合わせ

 

 

 

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です