起業を決意

起業を決意
私は前職が商工会勤務でしたから、起業を決意された方にも何人かお会いしました。その方々の多くは創業融資の相談に来られた方でした。商工会は日本政策金融公庫等の融資相談窓口的役割も果たしていたからです。
このような方に共通しているのは、これから始める事業に自信を持っている事でした。

例えば「この建物を改造し、このようなレストランを立てる。そうすればこれくらいの客数があり、この程度の売上高が得られる。」とか「私は以前勤務していた工場での経験からこのような製品を発案した。これは絶対に売れるはずだ。」とかいった具合にです。
このような自信は、過去の勤務時代経験から培われたものだと判断していました。

起業する以上は自信が無ければ融資の申し込みは無謀な行為です。計画より業績が悪く、毎月の弁済資金に窮すれば精神的にも苦しみます。だから必死になって経験を積み独立開業後の情報を蓄積していったのでしょう。

一方、自信があっても融資を受けられるとはかぎりません。融資が否決されれば、資金調達ができずに起業できなくなります。

融資を断られた方でも、何年か後に再チャレンジされる方もみえました。発想を転換し、現実を見据えて、賛同する方も携え、事業計画を充実されての起業でした。

創業後に創業融資とは別の目的で、国の助成金事業にも申し込まれる、助成金をうまく活用して事業に役立てられたケースもありました。私はその助成金の申請から実績報告までの書類作成に、微力ながら協力させていただきました。創業(起業)は実に様々です。

起業に際し、融資を受けたい場合は、客観的な市場分析とそれに合致した創業計画が必要であり、計画どおり実行できる実効力も必要です。

・私事で恐縮ですが、私は定年退職後行政書士として起業しました。
行政書士は実務経験なしで起業できます。国家試験内容も実務と乖離しています。だから知識なし、経験なしの素人が起業するようなものです。非常に危険です。でも起業時の設備投資額が少ないのが魅力です。
そのような危険を冒して起業したのですが、当時すでに年金を受給していた立場でしたから、債務なしの状態であれば継続していける。と判断したのです。

・この判断は正しく、少しづつ業務経験も増えながら事業は継続しています。
当初描いた創業計画は絵に描いた餅であり、現状とは大きく相違していますが、取扱業務分野が相違しただけであり、業績自体はほぼ想定内でというところでしょうか。
取扱業務分野が相違したというのは、本来は致命傷でしょう。自分のしたかった業務ではないのですから。
でも、経実務験なしに希望する業務分野の妄想を描いていただけですから、落胆はありませんね。
むしろ想定外分野の新たな発見に満足感をえている現状があります。

・創業に係る許認可申請とか融資に係る事業計画書の作成とかの相談業務に応じます。

 ※相談は原則無料。 書類の作成等は有料です。
◇三重県 津市と松阪市の境界の香良洲町にあります(行政書士小野和男)
お問い合わせ
☞ 電話090-5872-0705  ☞ メールによるお問い合わせ

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です