土地の境界合意の覚書

・土地の境界線というのは微妙なもので、隣り合う地主にとって悩ましい場合が多いと思います。特に歴史の古い集落とか昔ながらの農業地域では。
要するに隣接する地主間で、土地の境目のラインについて主張が違うという事です。「ご先祖様からの言い伝えでは・・・・・」と言った具合です。

・ところで、土地家屋調査士(土地の表示登記の専門家:自営業)に依頼すれば、法務局にある資料を元に測量をしてくれますから(有料)、土地の境目がはっきりと判明する場合が多いかと思います。

・私は以前、上述の段階時点で、お客様から「土地の境界合意の覚書」作成を依頼されたことがありました。
ただ、完全な合意に至っていない段階らしくて若干の意見調整が残されていました。

・私は現地を確認したうえで、依頼者側(お客様)の主張に基づき覚書の原案を作成してお客様に提示、お客様が隣地地主に原案を持ち込み協議、協議結果を受けて原案訂正。
といった過程を2度ほど繰り返して覚書が作成完了しました。

・土地の境界自体は当事者間の合意で決するのもではなく、法務局に登記されている事柄から答えが導き出されるはずですから、当然にその測量結果がある以上、それを踏まえての覚書原案作成をさせていただきました。

ただ、相手当事者がその事実を納得するまでにそれなりの時間を要した。という現実が存在する事を理解しました。勉強になりますね。

・ところで、なぜ覚書を作成する必要があるのか。という疑問を持たれるかと思います。
相続、売買で土地所有者は変化しますから、「新しい名義人が覚書と言う書面の存在を見れば、人は自制する。トラブル防止になる。」という考えです。

ある種の「お守り」でしょう。でもこれって重要ではありませんか。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
古物商許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。
お問い合わせ
☞ 電話090-5872-0705  ☞ メールによるお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です