知的資産とは

知的資産にはどのようなものがあるのでしょうか。

  1. 人的資産
    従事者に関わる資産です。(例:ノウハウを持っている、業務経験が豊か、学習能力が高い、技術レベルが高い、営業力ガ優れている、お客さまへの提案力に優れる、有資格者が多い、柔軟性が高い、優れた外部専門家とのパイプを持つ、専門性のある学生を採用できる、等々です。)
  2. 関係資産
    対外関係に付随する資産です。(例:優良な取引先が多い、高い信用度を持っている、顧客からの評判が良い、資金調達能力が高い、多様なネットワークを持つ、社のイメージが良い)
  3. 組織資産(構造資産)
    事業所自体が有する資産(例:他社にはない機械等を有する、その機械等のノウハウが高い、長年のノウハウの蓄積が多い、企画から完成までを一貫して自社で行える、経営理念が従業員に浸透している、社内制度が充実している、社内の仕組みがデータ化している等)

まだまだたくさんの事が考えられると思いますが、皆さんで考えてみてください。

当事務所では自社を見つめなおし、業績を向上させていく手法の一つとして「知的資産経営報告書の作成」を提案しています。一度考えてみませんか。

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です