持続化補助金申請は実績報告を考慮せよ

持続化補助金申請は実績報告を考慮せよ

・自営業者の事業資金の補助金として「小規模事業者持続化補助金」がありますが、
使い勝手が良いことから申請される方が多いですね。

・補助金ですから返済する必要はありません。だから人気が出るのでしょう。
人気があるから国の予算を上回る希望者がいます。だから選別作業が発生します。
採択(選別で選ばれる)されるためには、他の申請者より素晴らしい計画(申請書)を作成する必要があります。

・このため、申請書作成に関心が集中し、採択後の事はなおざりにされます。
その結果「採択されたのに補助金はもらえなかった」という現実に直面する事になるのです。

・補助金というのは国の予算から支給されるため、使用方法に多くのルールが決められています。
そのルールに従わないと支給(交付)されません。
そのルールを申請段階で知っておかないとその後に墓穴を掘ります。
でもルールに触れたネット記事は少ないようですね。申請書作成に関心が集中していますから・・。
ここに落とし穴があるのでしょう。

・申請書を作成し提出したらすぐにでも計画を実行したくなりますよね。
でも採択発表は何か月も先です。そのころには忘れていませんか。というか旬の時期を逸しています。
補助金の使用開始はあくまでも採択後で、使用OKが出た後です。

・物の購入(支払先)にもルールがあります。見積書を複数取得して検討しないといけません。
支払方法にもルールがあります。購入先口座への送金(金融機関の押印証拠)が必要です。
しかも補助金に該当する件だけの送金です。 色々含めての送金はダメです。

・これらの行為を実行した後に実績報告書作成となりますが、報告書の量は想像以上でしょう。
以上をクリアした後に補助金が交付されます。
補助金というのは「もらった金額以上の労力が必要」というのが私の見解です。

・安易に考えて損得を決めてはいけません。ご自身の性格に合うかどうかが補助金事業に取り組む
目安と感じています。

 

 

 

 

 

 

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です