経理的基礎書類・宮城県(産業廃棄物収集運搬業申請)

経理的基礎書類・宮城県(産業廃棄物収集運搬業申請)
・最近宮城県内の会社から産業廃棄物収集運搬業申請にかかる経理的基礎書類の作成についての質問をいただきました。
(経理的基礎を判断するための資料)
この書類は5年毎に行う今回の更新申請の際に求められたそうで、慣れない書面の作成に苦慮されているとの事でした。

・この経理的基礎書類については各県により書式が異なっており一様ではありません。

宮城県の場合は顕著な特徴がみられます。

・一般的に「経理的基礎書類」は、更新申請を行う時点の直近3年程度の財務諸表(損益計算書、貸借対照表)に損失(赤字)が見られる場合に提出が求められます。
損失(赤字)が複数年度見られるとか、どの利益段階から損失が発生しているか等、財務内容によって提出書面の種類も異なってきます。

今回のケースでは、宮城県の様式1、様式2-1、様式2-2の提出を求められていま
した。

・様式1は、赤字になった問題点を記載してその改善方法をも記載します。
これを受け様式2-1では、今後改善して黒字になるという道筋を示すための損益計算書的な表を作成する事になります。
この予想損益計算書は、今後各年毎に5年分の損益計算書を作成する必要があります。大変ですね。はたして黒字化は可能でしょうか?

・ここでちょっと見方を変えてみます。
そもそも営業活動(事業)は利益を得るため、生活費を稼ぐために行うのでしょう。毎年赤字続きでは資金も底をつき、廃業を考えるでしょう。
廃業ではなく産業廃棄物収集運搬業申請の更新申請を行うという事は、その事業に見込みがある。という事でしょう。
表面的な赤字状態でも内幕は存外健全企業なのだ。という事ではありませんか?
そうであれば様式1、様式2-1の作成は案外順調に作成できるのではありませんか?

問題は「様式2-2」ですね。これは5年後に健全化した際の貸借対照表です。これを作成して提出せよ。という事ですね。これの作成は大変です。(ここが宮城県様式の顕著な特徴)。

・損益計算書と貸借対照表を比較してみると、損益計算書の場合は各勘定科目の予想数値は比較的容易に予想できます。これに反して貸借対照表の各科目には不確定要素が多すぎます。しかも貸借対照表は損益計算書と連動しています。単独の産物ではないのです。こういった特徴があり、かつ複式簿記の原則を踏まえて作成していく必要もありますから結構難しいですね。

・ではどうすればよいのでしょうか。
私の考えでは確実性のある科目を確実に抑える。という事です。例えば減価償却を毎年行えば固定資産価値がその分減少します。
長期借入金の弁済を予定通り行えばその分減少します。
こういった個所を確定していき、周りを推測していきます。
でも、途中で固定資産を新たに購入したり、長期借入金の弁済途上で新たな借り入れを行うかもしれません。

そのように考えると予想など無理です。未来の事を言うと鬼が笑うでしょう。
でも許認可申請ですから作成する必要があるのです・・・・。
多くの皆さんはどのようにされているのでしょうか?・・・。

・まあ、このあたりの事は複式会計の知識経験がないと思考が難しいでしょう。
それに加えてノウハウも要しますね。

・ご希望ならご相談に乗ります。条件が整う場合作成を引き受けます。私の場合、作成料金としては25000円(消費税別)を基準とさせていただきます。
遠方の行政書士ですが、電話、メール、FAXを使用しての作業で可能。県外事例をいくつも無事終了させ、受理されています。

※なお「許可申請自体はご本人さんが役所に行っていただく(本人申請)方式です。私は書面作成でお手伝いを行う。」 ということになります。

お問い合わせ
☞ 電話090-5872-0705  ☞ メールによるお問い合わせ

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。