建設工事現場におけるマネジメント(一式工事)

◇建設工事現場におけるマネジメント(一式工事業者とは)
・建設業許可申請に係る29業種中、27業種が専門工事と称され残りの2業種が一式工事です。
一式工事業者はその工事現場の総括的立場の事業者であり、多くの専門業者の手配から段取りを行い現場の監督を行う業者です。 要は工事現場の総括司令本部ですね。

・具体的事例をあげます。
私の以前いた勤務場所から見えるところに建設現場がありました。工場が増築される現場で、そこそこの規模です。ダンプカーが頻繁に出入りしていました。大型クレーンが運び込まれた日もありました。その前には大型ユンボ(ショベルカー)が運び込まれ、その前日にはプレハブの現場事務所らしき2階建てが出来ました。2階建てはパーツで運び込まれ、半日で組み立てられ完成しました。見ていてその手際よさには感心させられます。

工事現場に出入りする車両の会社名も様々であり、中で働いている方々の作業服も何種類もあります。多分、何社も入り混じっているのでしょう。いろいろな材料も運び込まれます。それをてきぱきと処理していきます。作業事業者は混在でも個々の作業員の動きは一体化しています。
一つ間違えば労災事故が発生する危険な現場ですから、緻密な計画としっかりした指揮命令系統は不可避でしょう。

計画と段取りが非常に重要だと思いますが、雨天もあり、雨天なら屋外作業はできませんから、そのあたりのことを考慮すると、核になる元請けの心労は相当なものだろうと推測します。

このような複雑な建設工事現場におけるマネジメントを行うのが元請ですが、建設業法における建築一式工事、土木一式工事の許可を受けた事業者という事ですね。
工事現場の外には「建築計画のお知らせ」という看板が掲げられており、施工業者の名称も記載されておりました。

・建設業許可申請面においては、毎年、決算変更届出書の一部として工事経歴書を提出しますが、工事経歴書には当該年度に実施した工事を記載します。
一式工事とは上述のように金額面でも相当に高額になるはずですから、金額が低いと一式工事とは認められずに専門工事に含めるようにとの指示がみられます。

☞ 建設業許可のページ   ☞ 建設業許可申請29業種
◇三重県津市の行政書士事務所
お問い合わせ
☞ 電話090-5872-0705  ☞ メールによるお問い合わせ

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です