遅延理由書の書き方

 

許認可業務に関する申請書とか届出書を官公庁に提出する場合、法律等に定められた期間経過後であれば遅延理由書の提出を求められることがあります。

役所から書式を提示していただければそれを参考に作成できますが、書式が無く任意的な書式でよい場合が多いかと感じています。私は建設業許可申請の更新とか産業廃棄物収集運搬業の更新申請の際に直目します。

遅延理由書ですから遅延理由を記載する事になりますが、これがなかなか難しいと感じています。実際に遅延しているわけですから何らかの理由はあるわけですが、その理由をそのまま記載して問題はないのかという事が気になります。

私の経験ですが「……届け出が必要な事を失念していました。今後は期間内に提出する事を遵守します。……」等の表現を使用する事があります。要は「忘れていました→失念という表現」で理由を記載し、「今後は法を遵守します」という反省を記載して遅延理由書の核心としています。

この表現の適否はわかりませんが、この表現で許されています、今のところは。

ただし、更新時期内に更新しない場合は許可が取り消される制度もありますから、注意してください。許可が取り消されていれば、再度許可申請から行う必要があり、遅延理由書云々の問題ではありませんから要注意です。届け出期間、申請期間について安易に考えてはいけません。

☞ 建設業許可のページ、  ☞ 産業廃棄物収集運搬業許可のページ
◇三重県津市の行政書士事務所
お問い合わせ
☞ 電話090-5872-0705  ☞ メールによるお問い合わせ

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です