事業報告書の書き方(建設業許可)

◇事業報告書の書き方(建設業許可)

・建設業許可申請を受けている場合、毎会計年度終了後に事業年度終了届出(決算変更届出)という届出が必要となってきます。

ところで届出書面の中に「事業報告書」というのがあります。特例有限会社は必要ないのですが株式会社は必要です。
株式会社といっても大企業ではなくて親族経営の小規模事業所でも必要です。
財務諸表一式は税理士さんが法人税法等の確定申告のために作成していただけますが、その中には事業報告書はありません、一般的には。

だから建設業許可の「事業年度終了変更届出(決算変更届出)」のために別途作成する必要があります。この作成が難しいという声は聞きます。
自社の事はわかっているつもりでも、いざ作成となると適切に作成するのは意外と難しく苦痛なのでしょう。

初めての人にとっては見本が欲しくなりますね。県の手引きには載っているようですね。でも非常に丁寧で、量的にも質的にも充実しています。
でも充実している内容をまねるのも難しいものだと思います。
色々書くうちに自社の現状とは違ったことを多々書いてしまう危惧を感じますから。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」にならないようにしないと。

ところで、形式は自由ですから。適度に割愛して自信のある個所のみ書いた方が良いでしょう。
これでも難しいと感じる方もみえるでしょう。要は正確な内容を把握している必要がありますから。

経験者でも昨年と同じではおかしいので書くのが苦痛に感じるのではありませんか。

・私は行政書士ですからお客様の事業報告書を作成する事は度々です。
その手法としては、
①お客様からその年度の特徴的な出来事と印象を聞きます。

②次に直近3年程度の損益計算書を比較して気付いた事とか単年度の状況を記載します。
損益計算書は収支計算から損益額を算出する書面ですから、その側面からの記載となります。
特に売上高(工事高)、売上総利益、営業利益、経常利益の各段階に注目します。

③その次に貸借対照表を見ます。これは資産と負債の対比書面ですから財務上の安定性に重きを置き分析します。これも直近3年の比較と単年度の状況から記載します。
支払能力側面からと借入金の過多にも注目して記載します。

以上の各注目点を勘案し、原案を作成してお客様の判断を仰ぎます。

・書面に量的制約はありませんから少量でもOKでしょう。あまりこまごまと記載して量が多くなればなるほど見当違いの事を書くミスを犯しやすいものですから要注意です。

そして最期に、これからも業績向上に努める所存です。という文言で締めてお茶を濁しています。

・これで良いとは言えませんが、行政窓口で指摘された記憶がありませんから、基本的に間違っていない限り尊重していただいている。と感じています。

貴方ご自身で事業終了届出(決算変更届出)を作成される場合で、事業報告書が「どうしても書けない」「適切な表現ができない」「財務諸表の分析ができない」などといったケースでお困りではありませんか?

当事務所で作成させていただきますよ。(3年分の財務諸表を見せていただければ)。
費用は税込み1万円。でお受けします。
メールでのやりとりで業務遂行できますので日本全国対応可です。(完成後メールで納品)
お気軽にご連絡ください。

三重県津市と松阪市の境界。香良洲町の行政書士事務所(小野和男)
お問い合わせ
☞ 電話090-5872-0705  ☞ メールによるお問い合わせ

参考: ☞ 事業年度終了届出(決算変更届出)

お気軽にご相談ください

三重県津市の行政書士です。事務所は松阪市との境目の香良洲町にあります。
建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、農地転用許可申請にかかる業務についてはぜひご利用ください。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です